エッフェル塔

フランス語

今ではパリのシンボルとなっているエッフェル塔も、1889年のパリ万博に際して建設されたときは、歴史あるパリの景観を損なうとの批判もあった。

 当時、エッフェル塔をこきおろして quincaillerie superb(ご大層な金物雑貨)とか、chandelier cerux(がらんどうのシャンデリア)などと言う人もいたし、モーパッサンらの文化人は建設反対の意見書を提出したりした。

 ところがいざ完成すると、当のモーパッサンはエッフェル塔のレストランに食事に行く。わけを聞かれて、この皮肉屋の大作家いわく、「ここならあのいまいましい塔も視界に入らないからね」。

 それはともかく、エッフェル塔はじきにパリ、いやフランス中の話題の中心になった。シャンソンに歌われるわ、バレエのテーマになるわで、エッフェル塔にオマージュを捧げる一般人や有名詩人も多く現れた。

 なかにはこんなフレーズもある。「C’est en fer et paradis en même temps.」——C’est は「これは〜である」、en fer は「鉄製の」、et は「〜と」、paradis は「天国」、en même temps は「同時」。ここでの en fer とは、実は enfer (地獄)に引っかけたダジャレである——「これは鉄製(地獄)であると同時に天国でもある」。